スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シランやクレマチスが咲き始めました(4月30日)

光が丘公園屋敷森では、古井戸の周りに、やかな赤紫色のシランと大輪の花をつけたクレマチスが咲き始めました。先日記事をアップしたとき、間違えてクレマチスをトケイソウと書いてしまいました。その間にブログを見た方、すみませんでした。

シラン


日陰好きのランの仲間にあって、シランは珍しく日向を好みます。しかも、ランの仲間はラン菌という菌類の助けを借りなければ芽生えることができないものが多いのですが、シランは適当に蒔くだけでも簡単に発芽してきます。そのため、観賞用のランとして人気があり、庭などに植えられているのをよく見かけます。新緑を背景にすると、赤紫色の花がいっそう引き立って見えます。



トケイソウ


クレマチスは大輪の花を咲かせ、人気のある園芸植物です。日本には、カザグルマというクレマチスの仲間が自生しており、古くから園芸植物として親しまれてきたようです。カザグルマは、中国原産のクレマチスであるテッセンなどとともに、現在の園芸クレマチスの代表的な原種になっています。野山で見かけるセンニンソウやハンショウヅルといった野草もこのクレマチスと同じ属の仲間。どれも個性的だったり、美しい花ばかりです。


(きたざわ)
スポンサーサイト

Tag : 光が丘公園 屋敷森 自然 植物 シラン クレマチス

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。