スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロヤマブキが咲き揃っています(2008年4月30日)

4月も残りわずかとなりました。光が丘公園屋敷森ではシロヤマブキが咲き誇っています。

ヤマブキは名前のとおりの山吹色の花びらを5枚持っているのに対し、シロヤマブキは白色の花びらを4枚持った花をつけます。白い花びらと新緑の葉のコントラストが美しく、生命の息吹を感じられる花です。

シロヤマブキ


シロヤマブキは中国や朝鮮半島にも分布しており、ナウマン象などが日本列島を闊歩していた氷河期に日本と陸続きになった東シナ海を経て、朝鮮半島から日本に渡ってきたと考えられています。もともとの自生地は岡山県の石灰岩地などに限られているため、レッドデータブックの危急種にも指定されています。日本のシロヤマブキが庭木としてしか存在しない、なんてことにならないよう、自生地の自然が守られることを願っています。

(きたざわ)
スポンサーサイト

Tag : 光が丘公園 屋敷森 自然 植物 シロヤマブキ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。