スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の花真っ盛りです(2008年8月15日)

お盆に入り、屋敷森では夏の花が咲いています。

サルスベリ、ミソハギ、メハジキ、ナツズイセン、ヤブガラシ、ムクゲ、ヒヨドリジョウゴなどが花を咲かせているほか、ホオズキの実が色づいています。


ナツズイセン

ナツズイセンはユリのような花に見えますが、ヒガンバナの仲間です。ユリの仲間とヒガンバナの仲間は、花の中で子房(将来、果実になる部分)がつく位置で見分けがつきます。ユリの仲間は子房が花びらや雄しべのつけ根よりも上にあるのに対し(子房上位)、ヒガンバナの仲間は子房が花びらや雄しべのつけ根よりも下にあります(子房下位)。ナツズイセンの花をみると、花がすぼまって茎(花茎)とつながる部分に子房があり、その場所がふくらんでいるのがわかります。


ホオズキ

お盆の飾りやほおずき市で有名なホオズキはナスの仲間。熟すとオレンジ色に色づく提灯の部分は、花が終わった後にガクが合わさったものです。ホオズキの名の由来は、子ども達が頬に実を入れ、つぶして音を出して遊んだことからついたという説と、「ホオ」と呼ばれていたカメムシがしばしばホオズキに群生することから、「ホオ」に好かれるが転じてホオズキになったという説があります。写真の上側にも、カメムシがホオズキの茎から吸汁しているのが写っています。このカメムシはホオズキカメムシという種類のようです。

(きたざわ)
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。