スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫たちも夏模様です(2008年7月16日)

夏の様相を見せているのは植物だけではありません。虫たちも夏のにぎわいを見せています。夏と言えばセミの鳴き声ですが、夏早くに鳴くニイニイゼミに加え、今日はヒグラシやアブラゼミの鳴き声も確認できました。虫たちも夏へと模様替えしているようです。


おおしおから

セミの鳴き声に包まれた屋敷森にオオシオカラトンボがとまっていました。シオカラトンボに似ていますが、シオカラトンボの目(複眼)が青いのに対し、こちらは黒い目をしています。体型もズングリした感じです。光が丘公園から4kmほど離れた石神井公園の水辺観察園でオオシオカラトンボが産卵をしているのを見ましたが、メスが産卵している最中、交尾した相手のオスがメスのすぐ上をつかず離れず飛び、他のオスが近づくと「あっちへ行け!」といわんばかりに近づいてきたオスを追いはらっていました。トンボは交尾をする際に、前に交尾したオスの精子を新しく交尾したオスが抜き取ってしまうそうです!ビックリです。オオシオカラトンボは自分の子孫を守るため、メスにぴったり付き添ってボディーガードをしているんですね。


マメコガネ

これはマメコガネというメタリックな緑色と茶色がきれいなコガネムシの仲間です。体の大きさは1cmくらいで小さな種類なのですが、実はアメリカでは非常に恐れられている昆虫です。
この写真ではエビヅルというブドウの仲間の葉の上に乗っているのですが、葉が食べられてボロボロになっているのが分かります。マメコガネはブドウの仲間やマメ科の植物を好んで食べますが、それらは人間が好きな食べ物でもあります。日本ではあまり作物の害虫として問題にはなっていないようですが、アメリカでは「ジャパニーズ・ビートル」という名で呼ばれ、マメ科作物の他、バラやカンナ、サルスベリの仲間等の園芸植物に大被害を及ぼしているそうです。
外来種問題というと、「国土が狭く海に囲まれて敵や競争相手が少ない中でのんびりと過ごしてきた日本の生きものたちが、敵や競争相手が多い中でたたき上げられてきた大陸の生きものたちに侵略されている!」と思いがちですが、逆の状況も少なくないようです。マメコガネだけでなく、植物のクズやイタドリが、アメリカやイギリスなどで大繁茂しているそうです。この場合は「ガンバレ、日本!」なんて言っている場合ではないですね(^^;)

(北澤)
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。