スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬から春へのバトンタッチ

様々な方法で冬を越えた動植物たちが、春を謳歌し始めました。陽射しを待っていたかのように咲き始める花たち、去りゆく冬を追うように北へ帰って行く鳥たち。今日も屋敷森では、様々な生きものが季節を歌っています。

時に人の心を和ませ、時に虫たちの大切な食糧になり、冬の間目を惹いていた鮮やかな木の実たちも、そろそろ花たちに主役の座を渡す頃です。

mokkoku


yaburann

上はモッコク、下はヤブランの実です。赤い実は食べられたくない害虫の目には目立たず、黒い実は食べて遠くに運んで欲しい鳥の目にはとても目立つように出来ているそうです。全く自然の生きものは上手に進化していますね。
モッコクの木は別名をアカミノキと言い、木の実だけでなく、幹などの切り口も他の植物に比べて赤みが強いそうです。建築材や寄木細工にも使われるモッコクですが、なんと、沖縄の首里城建築の際にも使われたそうです。


senntousou

山野の林内や林縁部などに生えるセントウソウ。かわいらしい花をつける高さ20センチほどの小さな植物です。まだ春も浅い頃に、最初に春を知らせるように咲く花です。


sijimibana

こちらはシジミバナ。中国原産の植物ですが、日本にも古くから導入され、庭園などに植えられて親しまれてきました。遠くから見るとユキヤナギやコデマリにも似ていますが、こちらはなんと八重咲きです。白くて小さな花が集まって、木の上で溶け忘れた雪のようです。名前の由来は花がシジミの形に似ているからと言いますが…似ていますか?


kusanoou

黄色い花も見つけました。その名もズバリ「草の黄」。(クサノオウと読みます)薬草の王様、という意味を込めて「草の王」と呼ばれることもあるようです。鎮静や鎮痛の作用の他、湿疹やイボなどに塗布しても効薬があるのだとか。
が、実はとても強い毒性も持っているそうなので、むやみに口に入れたりするのは止めましょう。


たくさんの花たちに続き、そろそろトカゲたちも、日光浴をするために頻繁に姿を見せてくれる頃です。小さな生きものたちの暮らしを覗きにきませんか?

(生態工房しらべ)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。